野球

SB松坂が退団!今後の移籍先の候補や獲得理由ある?自由契約と戦力外の関係は?

投稿日:

Pocket

2017年、ソフトバンクとの3年契約が終了となる松坂大輔選手が、
今季(2017年)限りで退団することになりました。
今後の移籍先の候補来季どうするのか、
そして他球団が獲得するのであれば、その理由とは?を調べてみましたよ。

まず、これまでの流れを軽くおさらいしましょう。

松坂投手と言えば、推定年俸3年12億円の大型契約で入団しながら
故障続きで、一軍登板はこれまで1試合のみ(しかも炎上)でした。

これを踏まえて・・・ですが、

まず、ソフトバンク側は契約延長を提案。

提案内容はコーチと選手の兼任。
つまり、100%選手という位置づけではない。

一方で松坂さんの希望はあくまで現役続行
選手として活躍したいという気持ちは強いようです。

球団側というか、工藤監督は1年目(2015年)に
「一番やりたいのは育成」という話もしてますしね。
若手を育てたいからコーチやってくれよという感じでしょう。

一方で、松坂さんは、プエルトリコのウィンターリーグに行って
そこで、刺激をうけてきたので、
やっぱり現役楽しいってなっちゃった感があるんじゃないかと予想します。
他にも昔から、やれるだけ、現役をやりたいとう発言もしてますし。

注)ちなみに「ウインターリーグ」とは、日本が冬のオフシーズン、
に熱帯地域や南半球側で行われる短期のプロリーグを指す。
ドミニカもプエルトリコと同じ、カリビアンリーグに含まれる。

こうなってくると、やっぱり、かみ合いませんよね。。。

スポンサードリンク

松坂が退団!自由契約と戦力外の関係は?

っていうか、引退や退団や構想外や戦力外やらいろいろあって紛らわしい!

と思うのは私だけでしょうか。本題に行く前に、これらを軽く整理してみました。

まずは、

  • 構想外・・・標準的な戦力はあるが、他の選手とポジション的にかぶるのでいらない
  • 戦力外・・・標準的な戦力はない

ということですかね。(たぶん)

はっきりってどちらでも大差ないので、
もう戦力外に統一してほしいワ!と思うのは私だけでしょうかw。

そして、これらを通知された選手は次に、

自由契約になって他球団に移籍するか、
そのまま引退するかを選択します。

松坂さんは引退せずに現役続行なので、
球団の縛りを外して、自由契約を選択となりますね。

スポンサードリンク

松坂が退団!今後の移籍先とその獲得理由を考えてみた!

そして、移籍先ですが、まず、考えるのは国内の他球団ですね。

そして理由としては、普通に投手枠として。

古巣の西武や地元(横浜高校)の横浜が獲得するかも。
他には、投手陣が弱い、中日など。

ただ、投手としての戦力としてはリスクがありますから、
ベース1000万円+出来高1億円のような、超出来高払いであれば、
球団側もリスクが少ないので、獲れなくはないと思われます。

他の理由として、プロ野球の球団は営利企業ですから、
純粋に戦力以外には営業力枠があるでしょう。
具体的にはグッズ売り上げには貢献できそうですからね。

ある広告代理店の試算によると、広告塔としての効果は30億円あるとか。
やはり野球を知らない人でも、松坂投手の名前くらいは記憶にあるので、
ああ、松坂といえば、○○ね!(社名)という具合に会社の知名度は上がるわけですね。

そうなると、他社製品と比べて、松坂がいる、あそこの製品でも使っとくか
みたいな話もあるわけです。
とにかく、このように、商品が認知されないと買うも買わないもないので。

ただ一方で、他球団に行くにしても、気になるのは、給料が数千万円では、
奥さんの倫世夫人がうんと言わないような気もしますが、
実際のところはどうでしょうね。

もし予算=給料にこだわるのであれば国内では、
巨人あたりの潤沢に予算があるチームしかないかなと思われます。

もちろん、お金にこだわらないのであれば、入団テストを重ねる方法もありますね。
国内の独立リーグを含め。

でもお金にこだわらないのであれば、アメリカに帰国するでしょうね。

例えば、米に独立リーグやマイナーリーグでしょうか。
当たり前ですが、メジャー復帰は絶望的と考えられます。

ちなみに国内も国外も独立リーグになると、
給料は普通のサラリーマン並みかそれ以下になりますので、
倫世夫人が何というか・・・(汗)

 

SB松坂が退団!今後の移籍先の候補や獲得理由ある?自由契約と戦力外の関係は?のまとめ!

はい、というわけで、まとめです。
まず、戦力外と構想外は実質同じ意味で、来期、ウチの球団にいらんから!ということ。
その後の選択肢として、引退か、自由契約となり他球団との契約交渉となります。

そして、松坂さんの来季予想は・・・

  • 奥さん(と家族)がボストンにいる点
  • また、米球界にコネクションがある点

を考えると、米国マイナー契約狙いか、米国の独立リーグあたりになるのではないでしょうか。

コーチ兼選手を蹴っている時点で、倫世夫人と金銭面の話はついている(もう稼がなくてよい)と思われます。
※もちろん、他球団が高く買ってくれるという一定の保証あるいは密約があれば別ですけども。

はい、ということで、尻に敷かれている松坂さんには、同じ男として頑張っていただきたい!

かっこ悪くても、外野の意見は気にせず、家族のために泥臭く頑張ってください。

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-野球

Copyright© ヘッドラインちゃんねる , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.