政治・経済

テロ支援国家、指定されると不利益は?北朝鮮は2回目?

投稿日:

Pocket

トランプ大統領ですが、11/20に、
北朝鮮テロ支援国家に再指定すると発表しました。

というか、テロ支援というよりじゃなくて、
もはやテロ国家そのものでいいんじゃ。。

また、トランプさんはホワイトハウスにて米財務省が21日に追加制裁を発表する!
と発表しました。これは金正恩体制への「非常に大規模な措置」だとも。

そもそもテロ支援国家って何?って話と、
北朝鮮って今まで指定されてないの?って話を
調べてみました。

スポンサードリンク

北朝鮮が指定された、テロ支援国家ってなんぞ?

事の始まりは1987年の大韓航空機爆破事件。
これがあって、1988年1月に初めて指定されました。

当時はリビア、イラク、南イエメン、シリアが
指定国となりましたが、
その後、イラン、キューバ、スーダン、北朝鮮が追加されました。

合計8か国が指定されましたが、
現在では一部解除されています。

結局、今時点では、再指定の北朝鮮以外には、
シリア、イラン、スーダンが該当します。

テロ支援国家の指定の理由は?

北朝鮮は言わずもがなの核開発ですね。
これがどうアメリカと関係あるかというと、
弾道ミサイルに核積み込んだところで、怖くなくて、
どっちかというと、テロに使われるのが怖い。

というのも、この北朝鮮の核技術がシリアへ輸出されています。

また、パキスタンへも輸出されていたことがわかっています。

さらに、イランへも輸出されている可能性も。

核技術がこのようないわゆる「テロ支援国家」へ流れて、
その国で製造された「核兵器」が最終的には
テロリストに渡り、最終的にその核兵器がアメリカで
使用されないとはかぎりません。

アメリカ国内で核が使われると、
9.11を超える被害がでるのは自明ですから、
アメリカの存立がまた危うくなってしまうわけです。

このような危険を予防することが大事ですね。

ちなみに北朝鮮以外の国はというと、

  • シリアはPLLPパレスチナ民族解放戦線を支援
  • イランはレバノンにあるイスラム聖戦機構ヒズボラを支援
  • スーダンは南スーダン民族解放戦線と内戦中で、その弾圧が激しい事が理由

という理由で指定されています。

ちなみにこのテロ支援国家というのは、
アメリカが「勝手」に指定するものです。
なので、アメリカ以外の強制力はありません。

テロ支援国家に指定されるとどうなるの?

指定されると、軍事関連物資の輸出が禁止されたり、
対外援助法輸出入銀行法に基づく援助(資金供与)が禁止などの、
厳しい対応がなされるんですね。

ただし、今回はアメリカのみならず、国際社会から
すでに十分制裁を受けているので、
実質アピールだけみたいなもんですけどね。

強いて言えば、アメリカとの2国間協議の道が
正式になくなるという事くらいですが、
これも最初からアメリカはやる気ないので、
結局これもアピールだけですね。

スポンサードリンク

北朝鮮は今回で2回目の指定だった!テロ支援国家の解除は?

ちなみに北朝鮮は今回2回目です。

1回目は1988年1月→2008年10月の間に指定されていました。

なお、解除については、大統領が議会に通告し、
その後45日で「テロ支援国家指定」が解除されます。

ちなみに、この間に「核申告」の内容を検証してOKがでないといけません。
これで制裁が解除されます。

一番大きいのは世界銀行などからの融資が可能になることで、
国内の経済復興の資金を調達できるということと、
各国との貿易が再開できるということでしょうね。

北朝鮮なんかはこれが一番うれしい事でしょう。

テロ支援国家、指定されると不利益は?北朝鮮は2回目のまとめ

ということで、北朝鮮のテロ支援国家再指定は
2回目ということでしたが、

この指定自体は我々一般大衆的には特になにも影響がありません

よってこれまで通りミサイルだけ心配しましょう。

↓こちらの記事も参考にされてはいかがでしょうか。

北朝鮮のミサイル(ICBM)が超心配。一般人はどうすればいいの?

それでは、本日はこの辺りで。

スポンサードリンク

-政治・経済

Copyright© ヘッドラインちゃんねる , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.