政治・経済

麻生太郎、問題発言? ヒトラーを擁護?

投稿日:

Pocket

これまでにも問題発言を指摘されてきた麻生太郎副総理兼財務相…
今回、2017年8月29日に自民党の麻生派の研修会の講演で、
再び問題発言ととらえられる発言をしてしまったらしい。
 
その内容は、
 
「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ。」
 
一見すると、ホロコースト(大虐殺)を主導したアドルフ・ヒトラーを非難しているようにも感じますが、
「動機が正しくても…」という部分で、ヒトラーを擁護しているような気が・・・しないでもないらしく・・・
そのあと、
「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じゃない。」
と続くみたいなんですけど。
 
ちなみにですけど、
 
前回叩かれた、2013年の発言はこちら。
 
「僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、
ドイツはヒトラーは民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。
ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。
全然違いますよ。
 
ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。
ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。
間違わないでください。
 
そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。
常に、憲法はよくても、そういうことはあり得るということですよ。
ここはよくよく頭に入れておかないと」
 
ということでした。
至って普通の話だと思うんですが、なぜか、叩かれてしまうのは、
麻生さんがすごいからなのでしょうか?
 
スポンサードリンク

麻生太郎とは

一応、本人がどういう人が確認しておきましょう。

まず、大学はスタンフォード大学。
偏差値という概念がアメリカにはないので、スタンフォード大学の偏差値を出すのは難しいんですけど、
敢えて数値化するならば、80以上だそうで。

その後帰国して、実家の麻生セメントの社長に。

さらに、オリンピックのクレー射撃に日本代表として出場。

この後は、政治家になって、2008年に総理になりましたと。

スーパーエリートなんですねぇ。

そんな人がわざわざ問題発言するんでしょうか。

 

スポンサードリンク

言葉って難しい?我々をバカにしてるのでは?

 
では、本題に戻ります。
 
まず、「動機が正しくても」のその動機ですよね。
なんか動機が良くないみたいな前提になってますけど、
ちゃんと調べてみるとですね、まず、ヒトラーってどんな人かというと、
 
ヒトラーはドイツ軍の一兵士として
一次大戦に参加したんですね。
 
それで、国が敗れドイツの領土や軍備を割譲され、
多額の賠償金を払うはめになったと。
 
その上に世界恐慌が発生。
ドイツは完全に疲弊してて。自殺者もめっちゃでたりして。
 
ヒトラーはこんなところにむちゃくちゃ怒って、
崩壊したドイツ帝国復活をスローガンに
政治家の道を歩み始めたと。
ドイツを復興するぜと。
 
別に動機はいたって普通ですよね。
昔のような国にしたいと。
トランプさんよりいい動機な気がしますが。
 
とにかく動機はどうあれ、その熱意というか、
なんらかの欲望自体がないと政治家にはなれませんね。
 
・・・と、考えるのか、
 
ユダヤ人たちは、アメリカ合衆国の金融力の支配者である。
一年一年、彼らはますます我々労働する人々の監督者の地位に上っていくのである。
ユダヤ人は自分たちの至福千年王国のなかに例えば、
日本のような国家主義国家が残っているのをゆるさず、
きっちり日本が絶滅されるよう願っているのである。
 
なんだけど、やっぱりユダヤ人を虐殺する理由にはならない。という話なのか。
 
こんなの、はっきり言って、もう受取り手の問題で。
麻生さん的には前者を言いたかったんだと思うんですけど。
 
ヒトラーが虐殺者という色眼鏡をかけている人には、
後者に見えるんでしょうね。
 
でも、後者もあながち間違いじゃないですからね。
知ってる人からみたら、
今でも日本なんて資本主義の奴隷国ですから。
 
極端な話、奴隷が権力者を倒すなんてダメ、動機がなんであろうとも。
と聞こえてもおかしくない訳です。
 
ということで、このようなマスコミの揚げ足取りも、
上記のように調べるとちょっと違いますよね。
 
しかも、我々は家畜を大量虐殺しているけど、それはいいのか?とかとか。
人間は殺しちゃだめだけど、同じ哺乳類はなぜいいのか?
 
大体原爆を開発したルーズベルト大統領は、
今でも、歴代アメリカ合衆国大統領のランキングで
人気投票でほぼ上位5傑に入るということで、
アメリカ国民からの支持は根強いんですよね。
 
まぁ、実際原爆投下したのはトルーマン大統領ですが、
もうこのころにはやめるにやめられなくなってたはずなので、
実際大量虐殺の引き金を引いたのはルーズベルト。
そして、この虐殺者はアメリカでは大人気。
 
そして、宇宙からみたら、
原爆の大量虐殺の原因作ったルーズベルトとヒトラーなんて誤差の範囲。
どちらも大量に人殺しているわけですからね。
 
一方は英雄で一方は巨悪。
 
こういう場合、誰か裏に得する人がいるんですよね。
そういう解釈をすることで誰が得するのかを考えると
意外と問題の本質をつかめたりします。
 

結局自分で考えることが大事ということ

 
だから、マスコミの記事を鵜呑みにせず、
このように考えていくことが、マスコミに騙されない秘訣ですね。
 
もちろん、この記事も鵜呑みにしちゃだめですよw。
自分自身で調べて考えてみてくださいね。
 
そして、考えるときには、
自分の意見の反対意見にも詳しくなりましょう。
 
両面から見ることで、自分の色眼鏡の色を薄くすることができます。
自分の意見を他人の意見だと思って、
距離を置いて、反対意見を調べてみる。
 
普通の人は、ただの意見と自分の価値を同一視してしまって、
他人から意見を否定されると、
自分を否定されたようになるからツライ。
だから、反対意見など聞きたくない。
 
そうではなくて、自分自身と
意見を切り離して考えられるようになると、
いちいち、ムキーという無駄な力を使わなくてもいいですし、
一緒に意見のアラを探すことで、もっと良い意見になりますし、
そして、相手とも良い関係になりますし、
何より自分も一段階上の思考レベルが身に付きますね。
 
近い将来、意見を批判されたら、
一度でいいので試しに「そうなんですよ。私も間違ってると思ってたんですよね」
と言ってみてはどうでしょうか。ちょっと自分が変わるかもしれませんよ。
 
スポンサードリンク

-政治・経済

Copyright© ヘッドラインちゃんねる , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.